So-net無料ブログ作成
検索選択

東海道中膝栗毛 楽日 ~大阪見物~ [講談]

一週間の続き読み最終日。
関西テレビの取材が入る。
12月5日ぐらいにニュース番組で放送予定とか。

テーマは、「ワッハ上方が無くなるが、その時講談師はどうする?」
まあ、どうもしませんが。

それよりも、
「講談が大ブーム!」
とか、
「落語よりも講談が大人気!」
というニュースを流してほしいですね。

すると、講談会にお客さんがドッと来るかもわかりません。

しかし、視聴者から、
「また、ねつ造だ」
とか言われたりしてね。
(舞台でこんなことを言っているので、私の場面はカットされていると思います)

さて、
明日になれば百両が貰えると知った弥次さん喜多さんは、
新町へ行きたいというが、案内人は、
「そんなボロボロの着物では相手にしてくれません」
「金さえ払えばいいじゃないか」
「宿場女郎と新町の太夫では見識が違います」

そこで大丸呉服店で着物を作る。
百両が入るのだからと、二人とも立派な着物。
宿屋で大騒ぎ。
翌日、案内人と弥次さん喜多さん、三人で坐摩神社へ行くと、世話人が、
「神社の修繕のために、百両から十両を引かせて頂いてもよろしいですか」
「構いませんよ」
「世話人への祝儀に五両引かせて頂いても」
「構いませんよ」
「後くじを五両で買って頂いても」
「構いませんが、百両が無くなるんじゃ」
「いえいえ。二十両だけ先に引かせて頂いて、残り八十両はお渡しします。で、当たりくじは」
「これです」
当たりは「子の八十八番」。
喜多八が渡したのは「亥の八十八番」。
干支が違う。
呆れた世話人。
「三人もいて気付かないとは阿呆な人達だ」
「阿呆だ」
「阿呆だ」

恥をかいて、宿屋に戻ってくる弥次喜多
そこへ大丸から着物と請求書。
莫大な金額。
弥次さんが、
「この請求書は我々のではない。干支が違う」
請求書に干支はありませんが。

実はすかんぴんであると告白した弥次喜多。
すると、河内屋の主人が立派な人で、
その着物の代金を支払ってくれる
「河内屋に泊まればお客さんである。
金があろうが、なかろうがお客さんを大切にもてなすのが宿屋だ」
それから、弥次喜多を住吉神社に連れて行ってくれる。
あちらこちらゆっくりと見物させて、路銀を持たせてくれる。
実に素晴らしい人物。
この河内屋は明治半ばまで営業しておりました。
「弥次喜多の間」というのがあったそうです。
二人は金毘羅、安芸の宮島、善光寺、草津温泉を回って、江戸に向かう。
江戸の近くで昔の知り合いに会う。
元の女房お福が材木問屋で真っ黒になって働いているということを聞き、
すぐに江戸に行く。
お福とまた夫婦一緒になって、材木問屋で働くことになった弥次さん。
しかし、根が無精者ですから、いつまで続くかはわかりませんが。
長い長い物語。
これをもちまして大団円。

打ち上げは常連さんのご夫婦が招待して下さる。
料理かと思えば、すっぽん料理と、クエ鍋。
お腹一杯になりました。
有難うございます。
081114_2101~02.jpg081114_2139~01.jpg


共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。