So-net無料ブログ作成

東海道中膝栗毛 3日目 ~箱根・三島・蒲原の宿~ [講談]

OBCの収録の話

近所の者に路銀を借りて、八丁堀の裏長屋を畳んで、江戸を出立した弥次さん喜多さん。
箱根の宿を出たところで、商人風の旅人、十吉に出会う。
三人旅。

子供がスッポンをいじめているから、金を出して助けてやる。
今晩の酒の魚にするつもり。
助けているのかどうか。

宿に泊まる。
藁苞の中にスッポンを入れて床の間に置く。
宿の主が、
「宿帳をつけますので、国とお名前をお願いします」
「泉州堺、天川屋義平」
「性別は」
「男でござる」
「冗談言っちゃあいけません」

夜中、弥次さん喜多さんが眠っていると、
藁苞の中のスッポン、腹が減ったのかノコノコ這い出てきて、
喜多さんの布団に入った。
驚いた喜多さん、スッポンを手で払いのけると、スッポンが飛んで、
弥次さんの顔にべチャーとへばりついた。
気持ち悪からのけようとするときに、スッポンも一生懸命ですから、
弥次さんの指をガブッと噛んだ。
「ギャー。痛い~」
この騒ぎの中、十吉は弥次さんの胴巻きから金を盗んだ。
こいつは護摩の灰で、こういう商売をしている。
弥次さんが金を持っているの知って、箱根から狙っていたのだ。
そのまま十吉は裏道から逃げてしまう。
弥次喜多は一文なしになってしまった。

蒲原の宿へやって来た時、
宿には60過ぎの六部と17、8の巡礼姿の娘。
六部は訥々と不思議な話をする。
昔、江戸で箱屋の商売をしたが失敗した。
江戸では風がよく吹くので、風が吹けば箱屋が儲かると思ったのだ。
それで今は六部。

隣にいるのは孫娘。
20年ほど前に雷が落ちた。
落ちたところが悪かったので腰を痛めて、雲の上に戻れなくなった雷。
六部が世話をしてやったが、やがて娘さんと恋をする。
娘が妊娠。
雷は雲の上に帰ったが、やがて熊野の沖に落ちた時に、鯨に食べられてしまった。
娘は、父親の雷に似た子を産みたいと思った。
角が生えた子が生まれるように祈ったが、生まれたのは角の無い普通の子。
親に似ぬ子は鬼子と言うが、鬼子なのに鬼じゃない。

喜多八はこの娘と仲良くなりたいと思う。
宿の婆と娘は二階で寝る。
宿の主、六部、弥次喜多は一階で寝る。
やがて、夜中に目を覚ました喜多八、娘の布団に忍び込もうと二階へ上がったが、
間違って、婆さんの布団に入った。
婆さんの悲鳴。
驚いて逃げる喜多八は、二階を踏み抜いて、一階へ落ちる。
落ちたのが丁度、仏壇の中。
宿の主が起きて来て、
「なぜこんなところにいるのじゃ」
「雪隠と間違いまして」
「二階に行っていたのじゃろう」
「猫が褌をくわえて持って行ったので追いかけました」
「婆さんの布団に入ったのか」
「女郎買いの夢をみておりました」

ケラケラ笑っている弥次さん。
「喜多さん。猫が褌をくわえていったと言ったろう。面白い話を考えた」
「どんな話だ」
「猫が六部の六尺褌をくわえていくと、チントンシャンと三味線の音色が聞こえてきた」
「ほう」
「次に弥次郎兵衛の褌をくわえていくと、またチントンシャンと三味線の音色が聞こえてきた」
「ふーん」
「今度は喜多さんの褌をくわえていったんだ。喜多さんは越中褌だから短い。
大方、胡弓の音色でも聞こえるかと思ったんだが、聞こえてきたのはデンデンデンという義太夫三味線の音」
「どうして?」

どうしてなんでしょうか。続きは明日。
081110_1834~01.jpg
講釈場の看板はトリの者が書くそうです。
毎回、南海さんの筆。

「天王山之合戦」旭堂南海
「弥次喜多道中」旭堂南湖
「源義経」旭堂南青



共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。